せとうちタイムズ創始者 村上幹郎氏(90)死去

村上幹郎(2003年12月23日撮影)

本紙「せとうちタイムズ」創始者の村上幹郎(みきお)氏=写真=が10日、死去した。享年90歳。

昭和5年10月17日御調郡田熊町(現尾道市因島田熊町)に生まれる。昭和24年因島高校卒業。同年4月同志社大学文学部英文科入学。昭和28年3月経済学部卒業。4月サンケイ新聞大阪本社入社。昭和52年同社退社。フリーライターの道へ。昭和62年、「せとうちタイムズ」創刊。

「庚午一生(こうごいっせい)」のペンエームで、平成4年「虎次郎は行く上巻」、平成9年「虎次郎は行く中巻」、平成16年「虎次郎は行く下巻」を発行。

徹底的な取材を通して「囲碁のまち因島」をクローズアップさせ、全国に知らしめた立役者と言える。漫画「ヒカルの碁」作者ほったゆみさんが、本因坊秀策生誕の地(因島外浦町石切風切神社)を訪れた際には対談をした。著書に「隠岐の流人」「光は西へ」神話は生きている」などがある。

碁聖・本因坊秀策偉人伝 郷土因島出身の天才棋士の物語り 虎次郎は行く(下巻)序【7】 「ヒカルの碁」の原作者との対談(完)

石切風切宮・碁聖閣(尾道市因島外浦町)の展示物を開設する村上幹郎氏(2002年撮影)
↓↓↓↓↓

次号(10月26日発行)は休刊になります。ご了承ください。11月2日発行から通常通りとなります。

発行所と電話・FAX番号が次のように変わります。

〒722-2321
広島県尾道市因島椋浦町272
TEL/FAX 0845-22-7135

これからもスタッフ一同本紙発行に全力を尽くす所存です。引き続きご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282