因島で見た野鳥【62】ノビタキ

スズメ目ヒタキ科の一種で、全長13cm、メジロよりやや大きいがスズメより明らかに小さい。東南アジアで冬を過ごし、夏鳥として、本州中部の高原や北海道の低地に渡り、繁殖する。 夏羽のオスは、頭部から喉・後頚・背・翼・尾は黒く、肩に白斑がある(フィールドガイド日本の野鳥)。低い草木の先端に止まり、「ヒーヒョー ヒョロリー」などと澄んだ声でさえずり、高原のハイカーなどへ初夏の到来を告げる人気の鳥である。

筆者が因島で見たのは、秋に越冬地へ渡る途中に立ち寄った冬羽のノビタキである。冬羽は全体として茶色で背には黒色の縦斑があり、下面は淡橙黄色、オスはメスに比べやや黒みが強い。草木の先端で「ヒッ、ヒッ」と地鳴きし、飛び立っては同じ所にとまることを繰り返す。一週間ほどは因島に滞在していると思われる。一方、宮岡利一の写真集「尾道市向島の野鳥たち」によると、夏羽のノビタキが春に向島で観測されている。越冬地から繁殖地へ渡る途中であろう。

ノビタキは、本州伝いに渡ると考えられており、これは、宮岡さんや筆者の観測結果と一致する。ところが、森林総研の山添らの調査(20160822_prelease)によれば、北海道のノビタキは、本州を経由せずに直接大陸に渡り、大陸を南下して越冬地に向かう。1万3千年前には、北海道とサハリンは草原でつながっており、ここを渡りのルートにしていた可能性があるとのことである。それにしても、あの小さな体で「渡り」をすることには驚かされる。次号から、表題の種に限定せずに、「渡り」などについてのコメントも付け加える予定である。

ヒタキ科の名の由来は、地鳴きが、火打ち石を叩いた時の音に似ているからとする説がある。

(写真・文 松浦興一)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282