今年は大河ドラマ「平清盛」

 NHK朝ドラ「てっぱん」に続いて今年は大河ドラマ「平清盛」で広島県が売り出される。その経済効果2002億円と試算する評論家もいる。

 獲らぬ狸の皮算用―と、まだ捕えていない狸の革を売ったもうけの計算をして夢を見るのもわるくはない。なかでも商都旧尾道にとっては知名度が全国的に上がることはまちがいない。映画ロケ跡の「戦艦大和」(日立造船向島工場跡)では大当たり。向島洋ランセンターも波及効果にありついた。

 先週の大河ドラマで西海を仕切る海賊衆を平家軍が討伐するシーンは圧巻。特に歴史上架空の人物である海賊王兎丸を登場させたことで面白みが倍増したようだ。

 司馬遼太郎が「歴史小説というのは事実だけにこだわると誰も読んでくれなくなる。30%ぐらいは読者を引き込むためのフィクションが必要。それを越えるとつまらなくなる」と口走っていたことを思いだす。29歳で安芸守に任ぜられ瀬戸内海の制海権を手にした清盛は莫大な利益と信仰を得ていることは見逃せない。

(村上幹郎)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00