小学校統合問題 三庄町で保護者説明会 通学問題などで質問

尾道市教委による土生・三庄・田熊三小学校の統合問題説明会が7日、三庄公民館で行なわれた。出席したのは、三庄小学校と三庄認定こども園の保護者44人。半田光行教育長ら6人が説明を行なった。静かな雰囲気ではあったが次々と通学問題などの切実な質問が出された。

保護者からの質問

【通学問題】

  • 元土生中学校校舎に通うことになった場合、三庄校区は全員バス通学なのか。
  • スクールバスだけか、路線バスも利用するのか。
  • 路線バス利用の場合、本当に尾道市が負担するのか。
  • 路線バスの時刻表に合わせて通学するのか。

【中学校の校舎利用】

  • 小学校統合なのに何故中学校を使うのか。
  • 小中では建物の基準が違うのではないか。
  • そのことについての細かな対策を教えてほしい。

【統合の時期と場所】

  • 平成26年4月1日の統合時期と、旧土生中学校校舎の統合先は決定済みなのか。
  • 平成25年4月から三小学校の交流授業を行なうということは、それまでに統合の決定をするのか。
  • すべての改修工事が終了して開校になるのか。

【他の校区の説明会】

  • 他の校区の説明会はどう進んでいるのか。
  • 自分たちの気付かない点があるかも知れないので教えてほしい。

【加配教員の配置】

  • 統合後、落ちつくまで加配教員をつけるのか。

【放課後児童クラブ】

  • 放課後児童クラブはどうなるのか。

尾道市教委の回答

【通学問題】

  • スクールバスと路線両方が考えられる。今後、様々な課題について協議していきたい。

【中学校舎利用】

  • 土生中はすでに耐震工事が完了しており、有利である。基準の違う施設は改修する。

【決定時期】

  • 統合時期と場所は決定ではない。何回でも来て理解を得たい。過去には、交流授業の始まる1年前に決定した例がある。場合によっては、プールや給食調理場は開校後の工事もありうる。

【その他の項目について】

  • 他校区の説明会の状況を知らせる。
  • 加配教員は統合にかかわらず必要ならば付ける。
  • 放課後児童クラブは統合後も継続する。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282