平櫛バレエ最後の公演 昼夜の舞台 感動の拍手

第74回平櫛バレエ尾道公演が2日、しまなみ交流館で開催された。

1942年、平櫛(ひらぐし)安子さんによって平櫛バレエ団は設立された。創作バレエの草分け的存在であり、現在では「ヒラグシ・モダンダンス・カンパニー」として各地で教室を展開してきたが、創立77年目となった本年3月より、福山、倉敷、岡山、笠岡、尾道などで最後の公演を行うこととなった。

そのファイナル公演は、創作バレエ「ファンタージェンの女神」。演出・振付・音楽編集は、アンヌ・ヒラグシさん。

しまなみ交流館では、尾道・因島教室62人の出演者が昼夜2回公演を熱演し、鳴り止まない拍手に包まれた。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282