住民運動に火がつくと消し止めようがない。

住民運動に火がつくと消し止めようがない。先祖代々、受け継がれてきた習慣、文化の変化に対応する住民の心理は複雑なものである。行財政改革を旗印に合併特例法にすがった平成の大合併。旧因島市も行政主導型で尾道市へ駆け込み合併。住民感情は環境の変化に不満と不安の声がうっ積している。

こんなとき、尾道市教育委員会は児童生徒の減少対策を踏まえ因島南部市街地3町の小、中学と幼稚園を統合して旧因島高校土生校舎跡地に幼小中(12年間)一貫教育を実施する「因南学園=仮称」を創設する方針を昨年5月に決めた。

小学校がなくなれば、集落の過疎・少子化が加速する。これでいいのだろうかと考える暇もないうちに市教委はPTA役員、地域振興委員、区長会長らを対象に意見交換。それらをふまえ因南学園実施設計予算が昨年12月市会で決まった。

29日には基本設計ができたので説明会をするという。これに”待った”をかけようという住民運動に市教委はどう対処するのだろうか。

(村上幹郎)

関連リンク
因南学園設置に関わる説明会 – FM尾道
尾道市教育委員会
因南学園の設置について
因南学園設置概要(PDF書類)
尾道市立田熊小学校
尾道市立三庄小学校

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282