オフレコと沖縄メディア

 「オフレコ」―一般人には耳なれない言葉。「オフ・ザ・レコード」をマスコミ用語にもじったと聞いている。公式の記者会見であれ居酒屋の非公式の発言であれ、同席する記者は録音やメモを取らないという約束。それでも報道したければ後日か発信場所、発信者をはっきりしないで書くケースが多い。


 古参記者でないと書きこなせない場合が多いが沖縄メディアにはオフレコというルールが通用しなかったようだ。ことのおこりは米軍普天間飛行場の移設をめぐるアセスメント(環境評価)の提出時期を女性への乱暴に例えた発言で「犯す前にこれから犯しますよと言うか」と言ったことが沖縄の新聞に報道されて波紋がひろがった。今年9月「放射能をうつす」と発言した鉢呂経産相。日頃、ぶらさがり記者とは親しい仲なので、冗談のつもりが立場によっては重大な問題に発展することがある。
 取材される側と記者との信頼関係は今回も崩れたがオフレコ前提でも内容しだいでは記者は発信すべきだろう。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282