因島で見た野鳥【38】ヒクイナ

ツル目クイナ科の一種、全長22・5㎝で、クイナと同様に、沼地や水辺の草薮の中にすみ、夏鳥とされているが、因島では越冬もしている。

嘴は青黒色で、足は赤く、目も赤い。頭から前頸・腹は赤く、背は褐色で、脇・下尾筒に白と黒の横斑がある。

以前は、絶滅危惧種に指定されていたが、近年生息数の改善が見られ、準絶滅危惧種となっている。写真のように雛を連れている姿も見るので、因島での繁殖を確認した。

昔は、クイナとヒクイナを合わせて、「水鶏(くひな)」と呼んでいた。夜鳴くことが多く、はじめは、キョッ、キョッと間隔を開けて鳴き、だんだんとテンポを上げて、 キョッキョッキョッキョッ…と鳴き続ける。これが、あたかも木戸を叩いているかのように聞こえ、「水鶏叩く」と詩歌に歌われている。警戒心が強く、姿を見るのは容易ではないが、特徴のある鳴き声を聞けば、その存在は確かである。唱歌「夏は来ぬ」の歌詞4番に、「…水鶏声して…夏は来ぬ」とあるが、この水鶏は、ヒクイナのことであろう。

(写真・文 松浦興一)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00