尾道地区保護司会「社会を明るくする運動」入選作文【4】こうなったらいいな

尾道地区保護司会(小川曉徳会長)が行った第68回「社会を明るくする運動」作文・標語コンテストで表彰された作文を掲載する。

こうなったらいいな

向島中央小学校2年 新田莉子さん

わたしのまわりには、やさしい人がたくさんいます。こまっている時や、かなしい時には、かならずこえをかけてくれるお友だちがいます。こえをかけてくれることで、わたしはうれしい気もちになるし、こまった気もちや、かなしい気もちがおちついて、前にすすもうという気もちになります。わたしも、友だちがつらい時には、おなじように、こえをかけてあげたいと思っています。

ニュースでは、かなしいじけんや、こわいじけんをよく見ます。おの道では、にげたはんにんがかくれていたじけんもありました。ちかくでおきたじけんだったので、こわかったです。

じけんをおこした人は、どんな気もちでじけんをおこすのかなと思い、考えてみました。

色んなりゆうがあって、じけんをおこしてしまったのだろうな。でも、その前に、こまったり、考えたりしただろうなとそうぞうしました。

こんな時、こえをかけてくれる人がいなかったのかなと思いました。

こえをかけてもらうことで、気もちがかわり、ちがうことを思いついたりして、じけんにならなかったかもしれないなと考えました。

わたしは、いつも、お友だちにこえをかけてもらいます。わたしからも、こえをかけます。こえをかけあうことで、気もちがつながるような気もちになってうれしいです。

これから、人が人を心ぱいしたり、気にしあいこえをかけあうことで、かなしいじけんや、こわいじけんがおこらないようになればいいなと思います。

時どきは、「こまった。たすけて。」が言えるゆう気もいると思います。みんなが、こんな気もちでくらすことができれば、じけんはおきないと思います。

こんな思いを、みんながじぶんからかんじてくれたら、今より、もっと、じけんはへるのかなと思います。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282