因島で見た野鳥【28】オカヨシガモ

カモ目カモ科の一種。全長50cmの冬鳥。オスの頭部は褐色で、体は灰黒色で、黒い上・下尾筒が目立つ。嘴は黒く、足は淡橙黄色。他のカモのオスに比べ、地味な羽衣をしている。メスは、他のカモと同様に、褐色で黒褐色の斑があり、マガモのメスとよく似ている。嘴も、マガモのメスの嘴と同様に橙赤色で、中央が黒い。マガモのメスとオカヨシガモのメスは、嘴の黒い部分の模様が少し異なるが、野外観察では、その模様での識別は難しい。翼鏡が、マガモでは青紫で、オカヨシガモは白い。翼鏡が見えれば識別は容易である。

カモ類は、主に住む場所で、淡水ガモと海ガモに分類される。淡水ガモは潜水をせずに水面で採餌することが多く、水面採餌ガモとも呼ばれ、水面を助走せずに飛び立てる。これまでに紹介した、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、マガモとオカヨシガモは、淡水ガモである。淡水ガモも、潜水し、海で採餌もする。海藻を食べても、鼻腔にある塩腺で過剰な塩分を排出する。

(写真・文 松浦興一)

右前列が生殖羽のオス、その他がメス。白色の翼鏡が見える。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282