日本人がこだわる位牌と墓について

 異常な高潮で沿岸部はひやひやしたが大きな被害もなく本格的な”秋”を迎えられそうだ。各町の鎮守の神様は年に一度の”お旅”の準備にあわただしい。


 こんなとき東関東の被災地のことを思うと心痛む思いもある。現在、お墓のことが話題になっているという。建てるか、建てないかという問題に始まり、だれが管理してゆくのか。さらには墓に関係なく山野に散骨してほしいと議論噴出。
 日本人が、もう一つこだわるもののうち”位牌”がある。いざ災害となれば貴金属類よりも大事に持ち出している。ところが、その位牌は先祖のもので、仏壇の最上位に安置してある本尊は置き去り、これが寺院の場合、第一は本尊。第二は過去帳で、再興による寄進を頼む場合に役立つので必要だからという理由かららしい。
 それでは日本人がこだわる位牌と墓についての関係を多くの仏教関係者や学者にたずねてみたが、きちんとした答えがなく「習俗」であるという。これでは一般の人の考えと変わりないように思える。
(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282