姿を消す因島重井区の葉たばこ農家

 うだる暑さも台風15・16号がツメ跡を残しながら通過すると秋がやってきた。因島地方は農作物の被害もなく「こんないいところはない」と安堵する言葉が交わされる。


 半農半工の島として繁栄してきた因島島しょ部だが。そのバランスは工高農低の時代を推移、ご多聞にもれず少子高齢化による人口減少には歯止めがかからない。商店街のシャッターが目立ち、基幹産業の造船業界は円高、後継者不足に悩み、商店も大手チェーン店に顧客を奪われ、建設協会も解散する惨状etc。
 農家も後継不足に頭が痛い。こんなご時世に政府は葉たばこ耕作地廃農補助金を出すものだから農家は渡りに舟。広島県下で耕作者がトップだった因島重井区の葉たばこ農家が来年から姿を消す。
 専売局からすれば外国からの輸入品の方がコストが安いこともあって国産は歓迎されないようになった。かつての除虫菊栽培の趨勢に似て島の風物詩がまた一つ消えてゆく。県内では神石高原町の3戸が残るだけというのが現状のようだ。
(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282