失語症と向き合って30年 あけぼの会が記念大会

脳卒中や交通事故などにより失語症になった人や家族が集い活動する、因島言語友の会「あけぼの会」(緒方優美子会長)が9日、芸予文化情報センターで結成30年記念大会を開き、200人が参加した。

開会宣言とアトラクションの後、会が作成したDVD「あけぼの会の軌跡」を全体で鑑賞し、30年間を振り返った。

つづいて、寸劇「明るいほうへ」が上演された。脳梗塞で言語障害を患った夫と支えた妻が「あけぼの会」に参加し、歌うことで困難を克服していく過程が描かれている=写真

最後に、全員で「明日があるさ」などの歌を合唱した。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282