認知症の人たちと走る RUNTOMO繋ぐ

認知症の人と家族、支援者、一般の人が少しずつリレーをしながら、ひとつのタスキを繋ぎゴールをめざすー「RUN伴(らんとも)2018」が20日、尾道市で行われた。今年で8年目。北海道を出発し、沖縄のゴールをめざす。しまなみルートは因島と瀬戸田コース。合わせて17団体150人が参加した。

因島コースは、因島三庄町のしまなみ苑を東回りと西回りに分かれ出発し、因島中庄町のフレスタ駐車場=写真=に向かった。

瀬戸田コースは同町市民会館をスタートし、フレスタに合流した。その後、向島町に広島県の3ルートが集合し、講演会を開いた。

【PR】第56回恒例「ガス展」因の島ガス