150年の奉納相撲 少年時代に参加した元安芸乃島が土俵挨拶

前列中央が髙田川親方。右隣は碇山康永頭取。

150年を迎えた、中庄八幡宮永代奉納相撲(第34代碇山康永頭取)が14日、境内相撲場で盛大に行われた。

この日、小中学生のころ参加したことのある髙田川親方(元関脇安芸乃島)が朝の土俵祭から最後の取り組みまで出席した。親方は、土俵のそばに立ち、「小中学生の頃にこの相撲に参加させてもらいました。今日は楽しみにして来ました。がんばってください」と挨拶した。

途中、功労者として岡野伊三雄さん、中庄消防団、同OB会、因島相撲同好会、平木隆幸さんが表彰された。

一般の部は次の12チームが参加した。中庄消防団、因島相撲同好会A、同B、因島消防署、尾道警察署、ヒロ、四十一、大川道場(竹原市)、竹原高校相撲部、広島大相撲部、安芸津相撲スポーツ少年団、尾道高校ラグビー部。

成績は、

  1. 大川道場
  2. 竹原高校相撲部
  3. ヒロ

他の成績は次の通り。

因北中学校クラブ対抗

  1. サッカーA
  2. 陸上
  3. 軟式野球

子供会男子

  1. 大山ボーイズ
  2. 釜夫
  3. 西浦竜王

子供会女子

  1. 新開プリティガールズ
  2. 寺子
  3. 西浦プリティガールズ

中庄消防団分団対抗

  1. 7部
  2. 4部
  3. 6部

髙田川親方講演会 相撲話に会場沸く

髙田川親方(元関脇安芸乃島)の講演会が13日、芸予文化情報センターであり300人が参加した。現役親方の相撲話とあって、会場が沸いた。

親方は東広島市安芸津町出身。親は漁師。叔父に柔道と相撲を教えてもらう。中学校卒業と同時に角界入り。怪力自慢の力士として金星記録を残すなど活躍したが、親方は「優勝できずに大関になれなかった。それが今でも悔しい」と心情を吐露した。

さらに、「自分の部屋から大関、横綱、優勝力士をつくりたい」と語り、親方としての覚悟を披露した。

会場からの質問に答えてシコを踏んでみせる髙田川親方

【PR】第56回恒例「ガス展」因の島ガス