来年、60回を迎える本因坊秀策囲碁まつり

 本因坊秀策囲碁まつりは9・10日、59回目を盛会に終え、来年は60回という節目を迎える。


 観光文化資源にいまひとつだった因島。千光寺を中心に西の古都で知名度が高い尾道。きらびやかな西の日光・瀬戸田の耕三寺といった観光拠点をうらやんでいた。そんな時、時の氏神として白羽の矢が立ったのが因島外浦町出身の天才棋士本因坊秀策。プロ棋士に語らせば先手必勝の「秀策流」はバイブル的存在だと評価する。
 もともと囲碁の盛んな島だったので声が上がれば組織づくりは順調。リーダーは日本棋院因島支部が中心になり、行政に働きかけ囲碁を「市技」に制定。囲碁のまちづくり推進協議会を結成。きめ細かな運営が展開されている。
 11日には香川大学院地域マネジメント研究科が主催する囲碁のまちづくりをテーマにした公開ワークショップが囲碁記念館で開かれたが、特筆すべきものもなく、女性の大会は経済効果が高く、30―50代の囲碁愛好者が薄く低年齢層への普及が日本の課題といえそうだ。
(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282