初公開「原爆きのこ雲」の色紙 平山郁夫美術館8月6日展示開始

平山郁夫美術館では、平山郁夫さんの修道中学の同級生にあてた色紙が初公開となる。その内容は、原爆のきのこ雲が描かれたものが1点=写真上、山が描かれたものが1点=

平山郁夫さんが被爆したのは広島市内の修道中学3年の時。爆心から3キロの陸軍兵器廠の作業小屋で、奇跡的に一命をとりとめた。

「一歩外に出てみると、そこは地獄さながらの世界だった。」と当時を振り返っている。

展示開始は8月6日(月)から。午前9時~午後5時。入館は4時30分まで。一般900円、高大学生400円、小中学生200円、開催中企画展と同じ。

【問い合わせ】平山郁夫美術館 尾道市瀬戸田町沢200-2、TEL0845-27-3800

【PR】尾道映画祭2019

2019年3月23日(土)11:25~ しまなみ交流館
映画「望郷」上映
尾道市因島出身・湊かなえ原作×尾道・因島ロケ映画

[ゲストトーク] 湊かなえ×菊地健雄監督
[前売り] 1,500円 [当日] 1,800円
[問合せ] 0848-24-8222(シネマ尾道)