土生小児童がヒラメを放流

土生小学校(三宅尚吾校長)の1・3・5年生67人は15日、同町の宇和部港でヒラメ稚魚4500尾を放流した。この稚魚は、向島漁協中間育成場で育ったもので、生後100日、体長8センチ。

1年生は放流前に水産教室に参加し因島市漁協の角好美監事からヒラメの説明を受けた。3・5年は放流後の16日、水産教室で学習した=写真

dc061661

dc061667dc061675

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282