【9/8~9】メジャーデビュー20周年ポルノグラフィティ 尾道市びんご運動公園で凱旋野外ライブ

image_print印刷用レイアウトを表示

 

因島出身のポルノグラフィティが9月8・9日、メジャーデビュー20周年を記念して、ライブ「しまなみロマンスポルノ18」を、広島県立びんご運動公園・陸上競技場で開く。同時にこれは、尾道市市制120年の記念行事でもある。日程は次の通り。

  • 9月8日(土)開門=午前9時、開場=正午、開演=午後2時、終演=午後5時。
  • 9月9日(日)は8日と同じ日程。

両日とも2万人規模のライブになる。雨天決行、荒天中止。全席指定8,452円、ポンチョ付9,720円。チケット一般販売は7月28日午前10時から。

母校で発表

岡野昭仁さん(43)と新藤晴一さん(43)のふたりは3月1日、母校の因島高校の卒業式を訪れ、凱旋ライブの計画を発表した。

「高校時代を振り返り、母校を誇りに思っている。ぼくたちは1999年9月8日、『アポロ』でメジャーデビューしました。今年のその日に念願の地元ライブを行います。地元の皆さんの前でできてとても嬉しい。」と挨拶した。

デビュー以後、シングル46枚、アルバム11枚を発表し、NHK紅白歌合戦にも13回出場するなどの大きな実績を残している。

因島高校

尾道市長表敬訪問

6月8日、平谷祐宏尾道市長を表敬訪問した。市長は、「本庁舎内の昼休みにポルノグラフィティの曲を流す」と約束。さらにJR尾道駅にも協力をお願いしたいと語った。

因島市民会館でラジオ公開録音

翌9日、広島FMが因島市民会館大ホールで、秋のライブのプレイベントとして、ポルノグラフィティの公開録音を行なった。因島商工会議所と因島観光協会は応援の企画を準備している。