広がる土葬 死者をどう弔うか 問われる宗教界

千年に一度という大地震に大津波が東日本を襲って2カ月を過ぎた。テレビ報道で見る限り復興のきざしの道は開けていない。余りにも大きな被害に何から手をつけていいのか打つ手をこまねいている現状。想定外のことばかりの中で、火葬場までも処理能力を超え一部の自治体が土葬に踏み切ったと聞く。ところが、土葬に抵抗感がある人たちが遺体を掘り起して遠くの自治体に運んで火葬するケースが出てきたという。

遺族にとっては通夜―葬儀(告別式)―火葬といった通常のプロセスで弔ってあげたいという気持ちは心が痛いほどわかる。

その一方で、土葬の現場では自衛隊が準備や身元不明遺体の搬送など担当。その活躍が評価されながらも遺族たちの割り切れない心情も理解できる。土葬にしたからといって遺族は自分を責めることはない。死者をどう弔うか。宗派をとわず葬儀のスタイルは変化している。こういうときにこそ被災地だけでなくさまざまな地域で宗教界が立ち上がるときではなかろうか。

(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282