ふるさとの史跡をたずねて【86】平田道路改修寄付碑(因島外浦町)

平田道路改修寄付碑(因島外浦町)

因島中庄町から鏡浦町を目指して広島県道を進む。因島外浦町で 本因坊秀策囲碁記念館の方に入らずに少し進むと池があり、春には周辺の土手に植えられた桜が見事である。

ここは蘇功新開の灌漑用水池で、多くの干拓地の堤防寄りにあって、海水位が下がるまで水をためておく汐廻しとは異なる。

 

その池の東の端のところから南の山へ入る。

池東登入口

急な山道を越えると鏡浦町へ至る峠道があり、平田道路と呼ばれる。

外浦町と鏡浦町の境となる峠は切り通しになっていて、かなり道幅が拡張されている。この切り通しの鏡浦町側で、鏡浦町の方へ降りずに、右手・南に登ると堂崎山城跡の方へ続く小道がある。

峠(向こう鏡浦)

峠にさしかかる手前左手には平田道路改修寄付碑がある。その先を登れば梶ノ鼻に続く尾根となる。

寄付碑

その寄付碑から、この道路改修が大正10年に行われ、その費用が大浜町出身の久保田権四郎氏の寄付でなされたことがわかる。久保田権四郎氏は久保田鉄工(現・クボタ)の創業者で発明家。郷里のために多額の寄付をされたことは有名で、因北各地に久保田氏の名を記した石碑が多数ある。

寄付碑

現在でこそ、島内には自動車道が各町を結んでいるが、かつては海岸線は至る所で行き止まりとなり、幹線道路は山道・峠道だった。そして周囲は畑で、よく整備されていた。

この平田道路も歩行者だけが通る道だったのが、この時の改修で荷車も通れるようになったのではないかと思う。しかし、傾斜は急である。

(写真・文 柏原林造)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282