時差のまま想い出とする腕時計ねむらせておく抽出しの中

小林美津子
 時差ということは、ヨーロッパかアメリカかの海外旅行をした時の、時差に合わせた腕時計の針をそのまま元に戻さずに、大切に抽出しに納めて「私の宝物よ、海外旅行の記念品よ」といかにも意外性のある想い出の品である。


 旅をしたときの記念品や想い出には、いろいろとあって、一枚の落葉から、宝石、陶器類、植物の種、カタログ、この様な時差の時計、もちろん短歌の一首もあれば一枚の写真、いずれにも思い出こもごもの人間模様があるだろう。
 海外旅行にも職業的に度々出かける人や他の周遊旅行に参加する人とは違っていて、何かの機会があって、一生に一度か二度の人にとっては、時差の重みも大きく違って来る。何かの弾みで抽出しを開ける度に眼に飛びこんで来る、こつこつと時差を刻んでいる時計の針の動きは作者の心の記念である。
(池田友幸)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00