土生港売店 惜しまれつつ3月に閉店

image_print印刷用レイアウトを表示

土生港港湾ビル建設以来38年間、住民に親しまれてきた売店が3月いっぱいで閉店した。船やバスの利用客が減ったことや、近くにコンビニが進出したことが経営を圧迫した。

2013年から引き継いだ窪田由香里さんは、「衣服の販売、うどん、おでん、酒の販売など工夫をこらしたが打開できなかった」と語る。

各種バス券はファミリーマート因島土生店が引き継ぎ販売している。

土生港売店の経営交代 50年の歴史に区切り 新体制で営業を継続

【PR】村上海賊合戦絵巻 因島水軍城(2018.5.30まで)