海上自衛艦来因歓迎会 4隻、44人迎えて交流

image_print印刷用レイアウトを表示

因島に入渠中の自衛艦4隻の乗組員44人を迎えて、第20回自衛艦来因歓迎会が13日、芸予文化情報センターであった。因島商工会議所など地元5団体が主催した。

村上祐司会頭と橘忠和因島総合支所長(市長代理)が歓迎の挨拶。つづいて司会者が4隻の艦艇を紹介。主催者からの花束を受け取った、輸送艦「くにさき」艦長・小山雅弘一等海佐が感謝を述べた。

今岡寛信尾道商工会議所副会頭が乾杯の音頭をとり交流の歓談が始まった。途中で輸送艦「くにさき」乗組員がラッパ吹奏、訓練支援艦「てんりゅう」乗組員が演舞をして座を盛り上げた。

【PR】村上海賊合戦絵巻 因島水軍城(2018.5.30まで)