因島高校が総合学科発表会 一年間の学習成果を示す

image_print印刷用レイアウトを表示

因島高校は7日、第2回総合学科発表会を全校生徒が参加して、体育館で開いた。

同校は、生徒に「自己の在り方・生き方について主体的に考える力を育成する」「課題を発見し、自ら学び考え判断し、よりよく問題を解決する資質や能力、態度を育成する」ことを目的とする学習を行なってきた。

この日の発表会は、そうした学習の集大成をなすものである。3年生が行なった発表内容は次の通り。

生物=ジャックと豆の木は存在するか~豆の発芽を促進するためには~▽国語=小式部内侍の研究―藤原定頼との関係を中心に―▽保健体育=健康における運動の大切さに関する研究=写真右▽英語=英語コミュニケーション~英会話に必要な要素~▽情報=JavaScriptでテトリスを改造する▽地歴公民=有害鳥獣による被害と活用法▽工業=陶器作品乾燥棚の製作▽音楽=ジャズピアノ演奏▽物理=風車の回転力の研究―風力発電の発電効率を上げるために▽美術=日本美術における新スタイルの提案▽福祉=知的障害のある人との関わり方▽書道=クセ字、グッバイ!▽化学=ホルマリン~標本はなぜ腐らないのか~▽家庭(調理)=苦手な人でも食べられる野菜料理の提案。