三原―大久野島高速船ラビットライン 4月以降も続行の意向

image_print印刷用レイアウトを表示

土生商船グループの弓場汽船株式会社(弓場一輝社長、本社三原市)は、三原港と大久野島を土日祝に運航するラビットラインを今年4月以降の一年間も続ける意向を固めた。

この航路は昨年4月29日一年間の予定でスタート=写真=し、その後は利用客の状況を見て判断することになっていた。


ラビットライン就航第一便乗船の様子(2017年4月29日)

就航以来、利用客は当初は伸びなかったものの夏から徐々に増加し、今後も需要増が見込まれると判断した。昨年11月の1日平均利用客は、132.7人。6月の1.77倍となった。

「ウサギの島」としての大久野島の人気が高まっていることに加えて、新幹線との接続の良さが歓迎されていると思われる。JR三原駅から港まで徒歩5分である。

さらに、瀬戸内の風景を楽しみながら30分で目的地に到着できることも好感を持たれている。

同社は、JRや広島バス協会などとの連携を強め、ラビットラインのPRを強めようとしている。インターネットを活用し、外国人観光客へのアピールも強化する。

弓場一輝社長(35)=写真=は、「認知度が高まれば、まだまだ伸びる。将来定期航路にして地域の活性化に貢献したい」と語る。

弓場一輝社長
弓場一輝社長

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282