舟橋康夫水彩画展 40人が作品鑑賞会

image_print印刷用レイアウトを表示

舟橋康夫さんの新春水彩画展の開かれている、因島田熊町のギャラリー喫茶ブラームスで19日、作品鑑賞会が行なわれ40人が参加した。

全員が作品を鑑賞した後に舟橋さんが、水彩画への想いを語った。停年退職後に本格的に水彩画に取り組み、まもなく80歳を迎える舟橋さん。

「絵はこれでよいという終点はない、より高みをめざして描くのが絵の世界。今、青春真っ只中です。健康を管理し、精進したい」と語った。