ふるさとの史跡をたずねて【71】岩礁ピット(上島町岩城八幡山城跡)

岩礁ピット(上島町岩城八幡山城跡)

岩城八幡山城跡の南下の海岸には岩礁ピットまたは柱穴と呼ばれる穴がある。これは直径20センチメートルほどの岩に開けられた穴で、船の繋留施設や防御施設の跡だと言われている。

波打ち際に平行に一列だけあれば繋留用にロープを結ぶための棒を立てた穴だと思えばよい。しかし、沖に向かってほぼ等間隔で何列かの穴がある。これをどう考えるかである。

この穴に棒を立て、その棒を支柱として横に板なり棒を並べて桟橋のようなものを作ったのではないかと想像するのが妥当であろう。

そういうわけで、海に近い城跡周辺でこのような穴があれば、その付属施設の遺構として重要なものになる。ただ、日々波に洗われており、保存は難しい。また四百年以上も前のものだから、それ以後に作られたものであるということを完全に否定することもできない。

しかし、多くの城跡近くの海岸で見られるものだから、近くで養殖などが行われたというような話がない限り、水軍時代の遺構だと考えてよいだろう。

岩礁ピットもよいが、目の前の海水の流れも見事だ。まるで急流の川のように潮が右へ向かって流れる。また、清流と呼びたくなるほど海水はきれいだ。対岸の赤穂根島の東西が広い海域だから城の鼻と呼ばれるように、突出しているこのあたりで流れが速くなる。

下りの船は滑るように走り、上りの船は進めなくて喘いでいるようである。潮が左に流れ出したら満ち潮だから引き返さねばならないが、右へ流れている間は存分に楽しむことができる。

(写真・文 柏原林造)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00