他人ごとではすまされない 秋葉広島市長の退任表明

 年明けの県内ニュースでびっくりしたのは秋葉忠利広島市長(68)の退任表明。普通なら市議会か記者会見で表明するものだが、4日の市役所の仕事始め式で「任期満了の4月7日で市長としてのピリオドを打つ」と訓辞。3期目の今期限りで退任することになった。


 秋葉市長は東京都出身で米タフツ大准教授―広島修道大教授を経て1990年に衆院議員に。99年社民党を離党して広島市長選に初当選。03、07年の市長選も自民党候補を破った。カープの新たな本拠地マツダスタジアムを完成させ、20年夏季五輪の招致検討を表明するなど市議会も経済界も四選を目指す見方が強かっただけに波紋は大きい。
 これまで苦汁をなめてきた自民党は市長選の度ごとに内部分裂。今回の統一地方選挙も難航が予想される。その一方で民主県連は秋葉市長の立候補を前提に考えてきただけに対応が難しくなってきた。
 広島県の政治経済文化の核となる政令都市のことで統一地方選の危機感が際立ち他人ごとではすまされない。
(村上幹郎)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282