理容院50年の歩みに幕 光田和雄さん(78)冨子さん(79)

昨年末、因島三庄町のみつだ理容院は、連日早朝から常連客で賑わっていた。高校生のときから通っているという人もいた。みな「12月30日をもって閉店」を知りやってきたのだ。

光田和雄さんと妻・冨子さんがそこで理容院を始めたのは、昭和33年。地元の中学卒業後、大阪の専門学校で学び、自分の店を構えた。冨子さんは三原市本郷の実家が理髪店とあって経験者。夫がカットとバリカン、妻は毛剃りとシャンプー。ひとりではできない、いつも二人三脚だったと振り返る。

当時の三庄町は人口も多く、理髪店は10店あった。朝8時半から夜は10時までやることも多かった。年末や成人式は大忙しだった。

そんなときでも「みなさんの髪をきれいにしてあげられるのなら」と、月に1回は夜行列車で大阪や東京の研修会に参加した。知人がモデルとなりコンクールで2位になったこともあった。速さ、正確さ、美しさを競って、毎年チャレンジした。時代が変わりヘアースタイルの考え方もいろいろ。昔は硬い髪をどうやってねかせるかと、アイパー、ポマードなど使ったが、今はどうやって毛を立たせるかだと苦笑する。最近は丸刈りがはやっているという。

50年間にわたり、ひいきにしてくれたお客さんに感謝する気持ちは尽きない。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282