日本遺産シンポジウム 観光客をいかに招くか シェフが新料理を発表

image_print印刷用レイアウトを表示

日本遺産シンポジウム「村上海賊の食文化創造」が17日、因島市民会館大ホールであり、650人がつめかけた。

日本遺産大使でもある、日本を代表する2人の料理人がどのような新料理を発表するか、注目が集まった。

京都の料亭「菊乃井」主人の村田吉弘さんは、オコゼを使った茶漬けを披露。東京・四ツ谷のオテル・ドゥ・ミクニオーナーシェフ三國清三さんは、グリーンレモンを使って鍋など3種類の料理を作った。

「村上海賊」ストーリー日本遺産認定以来、料理という面でも観光客を招き入れる努力がつづいている。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282