ふるさとの史跡をたずねて【64】村上家祖先之碑(因島大浜町)

村上家祖先之碑(因島大浜町)

島四国七番十楽寺から八番熊谷寺までは、大楠山の西の峠道がかつての遍路道であった。四番の大日寺から見える山にも峠道がありそうなので、目指した。そこで出会ったのが写真のような村上家の祖先の碑であった。永正17年(1520)に亡くなった江羅太郎右衛門の名が刻んである。

村上丹後守吉房の次男大浜内記の話の続きを記そう。能島の村上武吉は後継者の元吉を伊予松前(まさき)城の戦いで失った。毛利氏の関ヶ原敗退後の防長移封で、因島村上氏が解体したのと同様に能島村上氏も四散した。元吉の墓を残して竹原を去った武吉に、大浜内記も従った。八代島(周防大島)で大浜内記は老役であったが相果て、村上休庵嫡子大浜九郎左衛門が跡目を相続した。

一方、大浜村初代庄屋の太郎右衛門は元和8年(1622)に亡くなっており、四代から六代までの庄屋が九郎右ヱ門である。そこで、次のように考えた。

この大浜内記跡目を相続した九郎左(右?)衛門が初代庄屋と同一人物だとすると、石碑にある遠祖の名を名乗り、四代から六代が初代の旧名を名乗ったことになる。

さて、石碑の背後にある峠道であるが、道とは言えないようなところを登って峠を越えると、ほどなく農道に出た。下ると鼠屋新開へ出た。思ったより近いのであるが、今では通る人はほとんどいないのだろう。

(写真・文 柏原林造)

 

【PR】創業をお考えの皆さん 尾道地域中小企業支援センターをご利用ください

創業支援総合相談会(相談無料・要予約)

【日時】
2018年12月18日(月)10:00~16:00
【場所】
尾道商工会議所
【対象】
◎新しく事業を始めようと考えている方
◎開業して3年未満で経営に関する疑問をお持ちの方
◎第二創業や新分野への進出を検討されている方
【申込期限】
12月10日(月)
【支援機関】
尾道商工会議所、尾道地域中小企業支援センター、尾道市ほか

創業をお考えの皆さん
尾道地域中小企業支援センターをご利用ください!

◎開業のプランはどのように立てればいいのだろう?
◎開業するための資金を調達したい!
◎開業時に使える融資制度や補助金はないだろうか?
◎ITを使って生産性の向上を図りたい

新規創業の事業計画策定支援・資金調達計画書の作成支援・各種補助金申請支援などを行なっています。三原市や世羅町など近隣市町からのご相談もお待ちしております。

【お問い合せ先】
尾道地域中小企業支援センター(尾道商工会議所内)
〒722-0035尾道市土堂二丁目10-3
TEL0848-22-2165
FAX 0848-25-2450
担当マネージャー佐々木・村上(敦)