尾道土地家屋調査士会 因島南中の開校記念にGPS衛星基準点贈る

広島県土地家屋調査士会尾道支部(岡野隆一支部長)は、因島南中へ衛星測位システム(GPS測量)によって求めた同校の経度、緯度、標高などを記録したプレートを贈呈した。同校文化祭が行なわれた6日、岡野支部長ら支部員教職員、全校生徒が出席し正門横に設置された。

尾道土地家屋調査士会 因島南中の開校記念にGPS衛星基準点贈る


2万キロメートル上空を回っているGPS衛星から送られてくる電波を受信する国土地理院が設置した測量基地(福山、三原、弓削島)の電子基準点と支部員たちが行なったGPS測量により世界標準位置を求めておりその誤差はミリ単位であるという。

埋設された基準点の側に立てられたプレートには、「緯度34度17分47.4152秒、経度133度10分41.1853秒、標高14.707メートル」と記されている。

挨拶にたった岡野隆一支部長=写真右=は、「自分の地球上の位置を知ることで地球や日本のことに関心をもってほしい、科学技術に興味をもってほしい」とメッセージを送った。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282