尾道土地家屋調査士会 因島南中の開校記念にGPS衛星基準点贈る

広島県土地家屋調査士会尾道支部(岡野隆一支部長)は、因島南中へ衛星測位システム(GPS測量)によって求めた同校の経度、緯度、標高などを記録したプレートを贈呈した。同校文化祭が行なわれた6日、岡野支部長ら支部員教職員、全校生徒が出席し正門横に設置された。

尾道土地家屋調査士会 因島南中の開校記念にGPS衛星基準点贈る


2万キロメートル上空を回っているGPS衛星から送られてくる電波を受信する国土地理院が設置した測量基地(福山、三原、弓削島)の電子基準点と支部員たちが行なったGPS測量により世界標準位置を求めておりその誤差はミリ単位であるという。

埋設された基準点の側に立てられたプレートには、「緯度34度17分47.4152秒、経度133度10分41.1853秒、標高14.707メートル」と記されている。

挨拶にたった岡野隆一支部長=写真右=は、「自分の地球上の位置を知ることで地球や日本のことに関心をもってほしい、科学技術に興味をもってほしい」とメッセージを送った。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00