四国遍路スケッチ展 水彩画教室生徒が集う

image_print印刷用レイアウトを表示

因島土生町在住の水彩画家・大橋博さん(81)の四国遍路スケッチ展が7日、ギャラリー喫茶ブラームスで始まった。ハガキ大の作品108点や風景画が展示されている。30日まで。

初日、大橋さんらが講師をつとめる、土生公民館水彩画教室の生徒5人が訪れ鑑賞会を行なった。「スケッチのやり方がよく分かり自分も描いてみたくなった」などの感想が出た。

福山市からの来場者もあり、大橋さん自らが説明する場面があった。