敬老の日 尾道市各地でお祝いに工夫 戸籍上の高齢者は439人

9月20日は敬老の日。尾道市は、90歳を迎えたお年寄りにお祝いの品物を、100歳以上の方には敬老祝金を贈る。各地域ではそれぞれ思い思いの工夫をこらしたお祝いの行事が行われる。7月31日現在の尾道市に居住する90歳以上の人数は次の通り。

90歳から94歳=1859人(男469女1390)▽95歳から99歳=593人(男135女458)▽100歳以上=89人(男11女78)。
地域別は次の通り。

90歳~94歳 旧尾道市963人(男218女745)▽御調町148人(男43女105)▽向島町179人(男38女141)▽旧因島市400人(男120女280)▽瀬戸田町169人(男50女119)

95歳~99歳 旧尾道市304人(男71女233)▽御調町50人(男10女40)▽向島町49人(男7女42)▽旧因島市132人(男36女96)▽瀬戸田町58人(男11女47)

100歳以上 旧尾道市35人(男5女30)▽御調町11人(男0女11)▽向島町7人(男3女4)▽旧因島市23人(男2女21)▽瀬戸田町13人(男1女12)

因みに90歳以上の旧因島市の内訳は次の通り。

土生町120人▽田熊町82人▽三庄町102人▽椋浦町8人▽鏡浦町6人▽外浦町6人▽中庄町74人▽大浜町19人▽重井町86人▽原町36人▽洲江町16人

因島三庄町の介護老人福祉施設しまなみ苑では13日に因島美容組合が整髪のサービスを行う。

戸籍上の高齢者 市内で439人

尾道市市民生活部長は8月27日、尾道市保管の戸籍にある120歳以上の「生存」高齢者の調査結果を公表した。

戸籍上の120歳以上「生存」高齢者の総数は439人。内訳は次の通り。

160歳=1人、嘉永3年(1850年)生まれ。

150歳以上160歳未満=4人。

140歳以上150歳未満=21人。

130歳以上140歳未満=102人。

120歳以上130歳未満=311人。

市は、このように高齢者が戸籍に残った理由に3点をあげている。

  1. 死亡届が出されていない
  2. 身元不明者の死亡届として処理され、本籍地に届いていない
  3. 海外移住者などが、本籍地への死亡届を出していない。

法務局と協議し、対応するとしている。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282