県無形民俗文化財 椋浦町法楽踊り

村上水軍出陣の踊りが「虫追い」と「疫病払い」の盆行事として継承されている椋浦町の法楽踊りが盆の15日、行なわれた。


椋浦町の法楽踊りは昭和56年に県無形民俗文化財に指定された。平成18年には県地域文化功労者表彰を受けた。

同町法楽保存会(西本茂樹会長)の住民およそ30人が参加。新盆(あらぼん)を迎えた家の旗を持つ、浴衣姿の幼児が踊りの先頭を歩く。太刀と扇子を持つ武者姿の男子がつづく。

潮の干満の関係で今年も海岸での舞いはできなかったが、艮(うしとら)神社など各所で、「なーむあーみでーぼ」「とんだとんだ」のかけ声、鉦(かね)と太鼓が鳴り響いた。

外浦町でも100人が舞う

この日、因島外浦町でも2年に一度の法楽踊りが行なわれた。同町町内会(笹野武宏会長)が主催し、子ども会、老人会など町民およそ100人が参加した。

当日の様子(marbleR3撮影)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282