瀬戸田高校 オープンスクールと瀬戸田夏まつり出演


image_print印刷用レイアウトを表示

オープンスクール 体験授業と部活見学

瀬戸田高校(藤本寅肇校長)は23日、オープンスクールを開き、中学3年生の体験授業と部活見学を行なった。瀬戸田町、因島、向東町、三原市の29人が参加した。

体験授業の科目は、国語、数学、社会(公民)、音楽、英語。

部活見学は、音楽、バドミントン、バスケットボール、自転車。

藤本校長は学校説明のなかで、「一人一人ていねいに指導し、学力が確実に伸びます」と同校の特徴を強調した。

夏まつりに瀬高生出演

瀬戸田町夏まつりは19日、サンセットビーチであり、約2万5000人が集まった。その祭りに瀬戸田高校の音楽部が出演した。

三線(さんしん)とキーボードで「島人ぬ宝」を演奏し歌うと、ステージの下で参加者が「イヤーサーサー」の掛け声とともに踊った。