ふるさとの史跡をたずねて【51】片山家墓地(因島三庄町片山)

片山家墓地(因島三庄町片山)

片山家の墓地があると言うので訪ねた。

百梵(ひゃくぼん)山の東の山麓に権現池と権現宮(熊野神社)がある。島四国三十四番種間寺のあるところと言った方がわかりやすいかもしれない。かつてはその近くから天神社への参道があったものと思われるが見つからなかった。北側から登ると墓地があり、その東の林の中に祠の基台と一対の注連石(しめいし)があった。片山氏が明治三十五年に官許を得て、大正五年に勧請された太宰府天満宮の分霊祠だとすると、ここが天神山で、百梵山との間の古地名が片山である。

天満宮よりやや西にある墓地と船奉行片山氏との関係はわからない。墓地からの眺望はよく百梵山との間は広いが草木に覆われていて元の畑の状態もわからない。まして因島村上氏の時代にどのように利用されていたのかも想像できない。しかし、水軍財宝の隠し場所の言い伝えがあったり、片山屋敷と呼ばれているところがあると言うことだから、西側は第二家老稲井氏が守り、東側を船奉行片山氏が見張っていたのかもしれない。

(写真・文 柏原林造)

 

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282