手作りみこしデビュー 中庄町徳永区十七夜祭 滝川さんの苦労が実る

因島中庄町徳永区在住の滝川茂幸さん(73)が3年かけて作りあげたみこし2基が22日、同区の「一七夜祭」にデビューした。

元々徳永区は、商売と海運の街で、東回りの巡航船が寄港した。この祭は同区を象徴する行事である。

昭和33年に作ったみこしが古くなり、世話人の村上靖視さんらが滝川さんに制作を依頼した。

阪神大震災をきっかけに因島に移住した滝川さんは地元の想いに共感し、元設計士としての技術と持ち前の器用さを生かして、本みこしと子供みこしの制作を始めた。

滝川茂幸さん

大人がかつぐ本みこしは「けやき」と「ひのき」が使われていて重量160キロ。子供みこしは40キロ。

みこしが新しくなり、担ぎ手の顔も晴れ晴れ。滝川さんが見守るなか、「チョーサ、チョーサ」と2基のみこしは担ぎあげられた。

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282