重井中が福山大連携授業 経口補水液の効力を学ぶ

image_print印刷用レイアウトを表示

尾道市立重井中学校2年生は12日、因島大浜町にある福山大学生命工学部海洋生物科学科の高田浩二教授を招き、「生命の体と細胞」の学習をした。

この日の学習課題は、「脱水症対策にはなぜ、真水よりOS1(経口補水液)が有効なのか」。キュウリと塩を使った実験で、真水より塩分濃度の高いOS1の方が細胞の水分吸収がよくなることを確かめた。

重井中は昨年から、外部の専門家を招いた学習を始めた。昨年は「浮力」がテーマで、造船についても学んだ。今年は、動物の進化にとって塩の持つ意味を深く理解しようということになった。

 

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282