ふるさとの史跡をたずねて【43】宝筐印塔(因島三庄町善徳寺)

宝筐印塔(因島三庄町善徳寺)

ハリコ大師で有名な三庄の善徳寺を訪ねた。今回の目当ては宝筐印塔(ほうきょいんとう)である。石段を上がると、境内の左前方にソテツがある。ソテツの傍に古い宝筐印塔がひっそりと立っている。因島宮地氏の祖、宮地大炊助明光が田熊の天神山にいた時に、父祖の菩提を弔うために作ったものだと伝わる。

天神山とここまでの距離が気になるところであるが、元は天神山の下にあった。すなわち天神山の西麓に宮地明光が建立した亀甲山自性院善徳寺にあったものである。

その後荒廃したこのお寺は約二百年後の江戸時代になって、三庄の明徳寺の隠居所として現在地に移された。寛永9年(1632)のことである。

現在は石井山自性院善徳寺と呼ばれ、真言宗であるが、かつては臨済宗であった。

因島には宮地氏ゆかりのお寺が多い。三庄善徳寺はまさにその嚆矢(こうし)であると言ってよいだろう。

(写真・文 柏原林造)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00