鼎の軽重を問う 隠せない約束違反

 鼎(かなえ)の軽重(けいちょう)を問うという故事がある。相手の実力や権威を疑うことに使われるが「鼎」は古代中国で使われた三本足の大きな金属の釜で、王位の象徴とされた。楚(そ)の荘王(そうおう)が周王室の宝物である鼎の大小軽重を尋ねたという故事によるらしい。そのことから権力者の実力を疑い、これに代わって天下を取ろうとするたとえにも使われる。


 昔は議会の質問の中によく使われてきたが、近年になって死語になったのだろうか野党側の質問にも聞かれない。もっとも鼎の大小軽重よりも政治家の約束が信じられない世の中だから鼎の軽重どころか「ウソかマコトか」を聞き分けなければならない時代になってきた。
 混迷の政局のなかで参院選がスタートした。民主・国民新党の与党が過半数を守れるかどうかが争点。広島県選挙区は定数2人に対し5人が立候補。現職の亀井郁夫氏(国民新党)の引退で与野党の指定席の様相。9ヵ月前の公約を思い出すと約束違反があるのも隠せない。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00