サクラ咲く時よりも尚うれしくてミカンの花の香二人占めする

藤原野栖枝

花と言えばサクラと言われるほどに日本人の理想の花である。春とは言っても肌寒い四月のはじめにぱっと咲いてぱっと散るその潔(いさぎよ)い散華のさまにどんな花も比べようもない日本人の心である。

抄出は、サクラの花どきの美しさ嬉しさもよいが、ミカンの花の匂いはもっとよいと言っている。遅咲きであった八重ザクラも終り、青葉若葉の出揃った五月の上旬になると因島の全土を覆っているミカンの花が咲き初める。夕暮れどきに夫かまたは友人か二人でミカン畑の道を歩いているのである。二人占めと言う表現には少し無理があるが「仲良きことはいいこと」と言うねらいから「いいね、いい匂いね」と言いながらの会話が聞えて来そうである。

(執筆者・池田友幸)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282