体操全日本選手権大会 田頭剛選手(セントラルスポーツ所属、因島高校出身)得意の跳馬で最高点

 体操個人総合を争う第64回全日本選手権が8日・9日、東京の代々木第一体育館で行われ、順天堂大を卒業し実業団のセントラルスポーツに所属した田頭剛選手(因島高出身)=写真右=は、17位となり、NHK杯(6月12・13日)への出場を決めた。今回の大会は、第42回世界選手権大会(10月、オランダ・ロッテルダム)と第16回アジア大会(11月、中国・広州)の代表第二次選考会を兼ねていた。この上位36人が、最終選考会であるNHK杯に進出し、代表権をかけて競う。
田頭剛選手


 田頭選手は、総合点で上位をしめるために、得意の跳馬で他の選手をどこまで引き離せるか、課題であった。予選は総合27位で通過であったが、決勝の跳馬で着地を完璧にやりぬき、最高点を獲得し、総合17位と健闘した。
 同選手は、3月の順大の卒業式で、スポーツ賞・最優秀選手賞を贈られた。卒業後、大学院に進むとともに、実業団の名門・セントラルスポーツに所属し、新しい環境のもとで世界への挑戦を開始した。
 世界選手権へのキップはNHK杯に出場する36人で争われる。全日本選手権の合計得点の半分を持ち点として、それに点数が加算されて代表選手が決まる。
世界大会出場かけNHK杯に全力
 本紙の取材に答えて田頭剛選手は、「跳馬においてより完成度の高い演技にこだわり、ロペスを完璧に演じきった。NHK杯においても跳馬で高いポイントを獲得したい」と決意を語った。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00