因島総合病院100周年記念のロゴマーク作成


image_print印刷用レイアウトを表示

因島総合病院は、創設100年を記念したロゴマークを作成した。

色は瀬戸内海を表す青。地域と患者への想いを込めて、ハート形を強調したマークとなった。そして、病院の姿勢を示す、愛・信頼・和の文字が添えられている。

同病院の創立は1917年(大正六年)12月9日。造船所の従業員とその家族のための病院としてスタートした。その後、住民への診療を開始し、今では島しょ部にとって欠かすことのできない医療機関に発展した。

ロゴマークは、広告や広報誌、職員の制服にも使われる。