因島観光物産展 銀座に故郷の名産並ぶ

因島観光協会は25・26日東京銀座の広島ブランドショップ「TAU」で第5回観光物産展を開いた。2日間で6762人が訪れた。

出足は早く、開店前から行列ができた。「とにかくはっさくやその関連商品の人気が高かった。因島=はっさくの認知度が定着したのではないか」と語った。

出店は次の12店舗。博愛堂▽松愛堂▽プチフール▽菓子処中島▽和六農園▽小原水産▽一色商店▽濱岡酒造▽ふじよし▽プカラス▽因島商工会議所▽因島観光協会。

物産展をJA尾道市、因島商工会議所、因島郷心会が協賛した。

 

故郷への手紙【39】

「再発見」

2月25日(土)・26日(日)、銀座の広島アンテナショップで因島物産展が開催された。
弟と予定を合わせて、銀ブラすることに。
26日(月)朝、有楽町駅で待ち合わせ。
東京マラソンの日だということもあり、駅前やメイン通りは賑わっていた。

アンテナショップに入るとすぐ、八朔とデコポンがお出迎え。
朝一番というのに、とても賑やかだった。
懐かしいお菓子達が並んでいたり、初めて見る物もいくつかあった。
東京で見る因島は、なんだか少し違う景色に思えた。

因島を離れて十年が経つ。
変わらないものもあれば、変わったものもたくさんある。
忘れていることもあったり、知らないこともあったり、離れて気付くことがいくつもある。

銀座で因島と出会うと、懐かしさと照れくささのような不思議な気持ちになる。

因島の方々と話していると、随分と月日が経ったんだと改めて実感した。
聞き慣れていた方言を聞いて懐かしむようになった。

その日の夜、テレビでは因島と尾道が取り上げられていた。
私が好きな番組だ。

因島に帰るのが楽しみだ。

(青木恵)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282