女流アマ囲碁都市対抗 尾道大会 10月6・7日 全国から800人参加

 全国の女性囲碁愛好家800人が出場する第48回女流アマ囲碁都市対抗戦が10月6・7日、尾道市で初めて開催される。


 1チーム5人の団体戦。会場は、県立びんご運動公園健康スポーツセンター。全体の参加者が800人と見こまれるが、市内から5チームが参加する予定。
 尾道市をあげた取り組みで、湯崎英彦県知事が名誉会長、平谷祐宏市長が会長。副会長に石川悟尾道商工会議所会頭、村上祐司因島商工会議所会頭らが名を連ね実行委員長は、加納彰尾道市囲碁のまちづくり推進協議会会長。副実行委員長に須沢弘明日本棋院因島支部長ら4人が当たる。
 因島の女性囲碁愛好者の団体である「華女(かめ)の会」会長の斉藤悦子さんらが実行委員となり準備する。

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00