ふるさとの史跡をたずねて【30】青陰城跡(因島中庄町、因島田熊町)

青陰城跡(因島中庄町、因島田熊町)

「先のほうに、山が、三つ見えましょう。あのまん中が、村上海賊の城のある、青影山でござります」と「海賊八幡船(ばはんせん)」という題で映画化された村上元三氏の小説『八幡船』に出てくる。すなわち、東に風呂山(写真左)、西に龍王山(写真右)があって、そのまん中の頂上が平たい台形の山が青影山である。

頂上からの眺望はまことに素晴らしい。弓削港、長崎城跡、青影山、青木城跡、細島茶臼山城跡の南北の線と、余崎城跡、青影山、伯方島の東西の線が交差する。周辺の因島村上氏の砦跡を目で追えば、その中心に位置していたことがわかる。

それぞれの砦にここから指令を出したり、あるいはここを経由して狼煙(のろし)リレーを行えば強力なネットワークができそうである。そんなことを思ってしまうほどの絶好のロケーションである。しかし、天候に左右される狼煙でどれだけの通信ができたのか。多くを期待することは現実的ではない。そのようなことが行われた時代があったかも知れないが、長くは続かなかったのではなかろうか。

また、山頂の広さと周囲の山々との地形などを考えると一時的だったかも知れないが、戦略的にも重要な砦であったと思われる。

(写真・文 柏原林造)

因島中庄町側から風呂山(左)、青影山(中)、龍王山(右)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00