ふるさとの史跡をたずねて【20】弓場馬場跡(因島土生町平木)

弓場馬場跡(因島土生町平木)

長崎城跡、荒神山城跡の少し北に弓場、馬場があった。弓場医院の東側で、「村上水軍弓ならびに馬場跡」の史跡標があり、道路の反対側に説明板がある。それによると村上水軍には騎馬頭が十三家あったという。

水軍とか海賊というと船の上で戦う男たちだけが想像されるが、陸上での生活もあり、また女性や子供もいた。貝も掘ったであろうし、畑も作っただろう。馬の墓があったように陸の戦いで馬を使うこともあった。荷物を運んだり、城砦間の移動にも使ったかも知れない。

北側にある島四国の浄瑠璃寺へ行くと少し高くなっていて、周囲がよく見える。西側が低くなっているから、海岸が近かったと思われる。このように現在我々が通っている海岸沿いの道の多くは埋立地で、当時はなかった。山道、峠道が馬が通れる程度に整備されていたのかも知れない。

そんなことを考えながら崖を見ているとその傍にお大師水の井戸があった。弓を射たり馬を走らせたりするには、かなりの広さが必要だろう。他より長い砂浜か、広い傾斜地があったのだろう。

(写真・文 柏原林造)

弓場馬場跡(因島土生町平木)

【PR】因島で家の解体のことなら「吾城」へ

当社には家の解体専門の部署があり、お客様のご希望に合わせた、よりよい施工内容をご相談・ご提案させていただいています。

空き家になった時のそのままの状態で、家具や食器、衣類などの処分から、解体後の用途に応じて砂利敷きや、アスファルト舗装等の工事までを一貫して施工します。

丁寧かつ迅速な施工で、因島はもとより島嶼部や尾道近郊においても、幅広く、ご好評いただいております。

【対応住宅】
木造住宅 / RC鉄骨 / 軽量鉄骨住宅 / アパート / 工場 / マンション

【お問い合わせ】
有限会社 吾城(ごじょう)
広島県尾道市因島重井町5800-42
TEL0845-26-2282