ふるさとの史跡をたずねて【20】弓場馬場跡(因島土生町平木)

弓場馬場跡(因島土生町平木)

長崎城跡、荒神山城跡の少し北に弓場、馬場があった。弓場医院の東側で、「村上水軍弓ならびに馬場跡」の史跡標があり、道路の反対側に説明板がある。それによると村上水軍には騎馬頭が十三家あったという。

水軍とか海賊というと船の上で戦う男たちだけが想像されるが、陸上での生活もあり、また女性や子供もいた。貝も掘ったであろうし、畑も作っただろう。馬の墓があったように陸の戦いで馬を使うこともあった。荷物を運んだり、城砦間の移動にも使ったかも知れない。

北側にある島四国の浄瑠璃寺へ行くと少し高くなっていて、周囲がよく見える。西側が低くなっているから、海岸が近かったと思われる。このように現在我々が通っている海岸沿いの道の多くは埋立地で、当時はなかった。山道、峠道が馬が通れる程度に整備されていたのかも知れない。

そんなことを考えながら崖を見ているとその傍にお大師水の井戸があった。弓を射たり馬を走らせたりするには、かなりの広さが必要だろう。他より長い砂浜か、広い傾斜地があったのだろう。

(写真・文 柏原林造)

弓場馬場跡(因島土生町平木)

[ PR ]ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00