ふるさとの史跡をたずねて【19】荒神山城跡(因島土生町荒神平)

荒神山城跡(因島土生町荒神平)

ナティーク城山の長崎城跡が因島村上氏の本拠地だとすると、いかにも狭いという印象を受ける。しかし、長崎城跡から道を隔てて東側の長い石段を登ると荒神社がある。このあたり一帯が荒神山城跡である。長崎城の控えの城ということであるが、長崎城と一体と考えればかなり大きな城砦となるだろう。

白亜の鉄筋が荒神社で、その南の少し高くなったところにある木造の社は、金の神を祀ってある。その横を通って大宝寺の墓地の縁を登って振り返れば、長崎瀬戸の素晴らしい光景が眼下に広がる。傾斜地から平地に変わるところがかつての海岸線であったこともわかる。

墓地の最高部をさらに過ぎると急に低くなる。これが天然のものか人工的なものかはわからないが、空堀の役目をしたことは十分考えられる。

さらに因島公園を抜けて、三庄との境をなす尾根筋を通れば、変電所の上に聳える小丸山城跡に通じる。小丸山城は第二家老稲井氏が守っていた。まことに本拠地を守るにふさわしい地形である。

(写真・文 柏原林造)

【PR】ピザカフェつばさ

因島の美味しいピザ屋「ピザカフェつばさ」

みょーんと伸びるチーズとこだわりの生地を溶岩石窯で一気に焼き上げます。
テイクアウト歓迎。

尾道市因島土生町フレニール前(旧サティ因島店前)
TEL 0845-22-7511

平日・土曜日 11:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~14:00